<   2006年 08月 ( 30 )   > この月の画像一覧

あー夏休み♪

昨日のNATTY-KEIHOでのラストナンバーはTUBEの『あー夏休み』でした。生徒の皆さんにとっては『あー↓夏休み』なのかもしれませんが、私たちにとってはいつものリズムでようやく仕事に専念できるようになります。(練習にも行けるようになるはず!!!)

本日は職員会議でした。いくつかのシステム変更があり、また年度途中での中間報告などもありましたが…。変化に対応できない教員ってどうなんでしょうか?それが集団の大半を占めているし。昨日の職員研修で講師の先生から指摘されたばかりなのに、たったの一日で忘れてしまうのはいかがなモノかと感じます。

「吉野家の牛丼」と同じなんですよね。今まで何にも考えずにその生活をしていたのに、無くなると思ったら急に自己主張を始める。「明日から牛丼が無くなったらどうしよう…」とパニックに。無いならないで十分対応できるはずなのに、終いには「牛丼食わせろ!」と店内で大暴れ(実際に自宅マンション前の吉牛で起こった事件です)。ウチの場合大暴れしたら牛丼が出てくるところがちょっとヘンですね。

明日は練習をお休みにして宿題&実力テストの勉強時間に充てます。
しっかりと頑張って下さいね!

e0010219_20504472.jpg

画像は糸満の西崎にある沖ソバのきらら。メンが旨い!
e0010219_20522837.jpg

本島最南端の喜屋武(きゃん)岬です。
e0010219_20533294.jpg

台風の実況中継でよく見かけるポイントがココ!
e0010219_20564997.jpg

お約束の首里城。空の色に朱色が映えます。
[PR]
by keiho_swim | 2006-08-30 20:58 | about

ためになる研修会。

本日の職員研修は久し振りの『当たり』の研修会だったと思います。
特に午前中の寛司先生のお話は瓊浦高校へのエールとしてとても印象深かったですね。顧客のニーズに敏感であることと、批判の全てを受け入れる体力が、今の瓊浦高校に求められている全てです。そう言う意味で「生徒に夢を語り、生徒と目標に向き合うこと」という言葉に勇気が湧いてきました。

しかし…

せっかくの職員研修なのに、毎年休暇を取って参加しない先生方が。
というか、来なくて結構ですよ。アテにしていませんので。

さて本日のNATTY-KEIHOは真面目なお話でした。
「気になる事件」といえば少年犯罪ですね。特に親を殺める事件が多発しています。親子のコミュニケーションが問題だと思うのですが、親子の距離感は昔の方が遠かったと思うのです。だからといって特に親を殺すとかはなかったと思うのですが。
今は幼少期から青年期までベッタリの家庭が多いのかなあ。そこが親からの過剰な期待と、それに応えようとする子供との間にストレスを生じさせているのではないかと少し思っています。幼児虐待も同様ではないでしょうか。
日々子供も親も成長しているのですから、親子関係に変化があるのは当然であって、無理をして乳児期から子供を突き放す必要もないし、第二次反抗期に入った子供に迎合する必要もないと思います。といっても私も子育て途中なので生意気な考えなのかも…。

スポーツが果たす役割は競技力の向上だけではないはず。自分の考えを身体化(自己表現)し、周囲とコミュニケーションをとる機会をつくることも重要です。
「弱くったってイイじゃない!遅くったってイイじゃない!君が頑張っていることが一番大切なんだよ!」という空間作りと、そういう活動を評価できる環境作りが今の社会には必要ですね。(マスコミの高校○球偏重主義は一番だめだと思っているのですが…他の競技にも血のにじむ努力や素敵な友情ドラマがあるのにね)

e0010219_22583556.jpg画像はジンベイザメに食われるヨウスイ。ただ今私は子供にベッタリ(^_^;)チャンチャン。
[PR]
by keiho_swim | 2006-08-29 22:59 | high school

久し振りのプールサイド。

実はインハイ以来初めてのプールサイドでした。
気合いを注入して本日は持久系&AT練習。

w-up 50*3*3*5set 60”:45”:75”の3本毎にディセンディング
seim 400*1 制限付き
e
k-drill 100*6
swim 100*10 1’45”C 160/60”
e
swim 200*10 4’ des
swim 200*1 allout
down
total 6800m

トニーの泳ぎはかなり浮いていますが消極的練習態度が気になります。今週中に同じ練習をしますが、次回はラスト2’40”では上がって欲しいですね。ケンタは水のつかみが雑になっています。トモコとカワツは練習のベース45”/50mを守って欲しい。シホはいよいよあと5日でラストレースですね!ベスト狙ってみましょう!

明日と明後日はアラキ・タマシマ二人とも職員研修・職員会議のため参加できませんが、レース前と言うことを頭に入れて頑張って下さいね!
[PR]
by keiho_swim | 2006-08-28 18:17 | keiho_swim

家族サービス?自分サービス!!

まあ楽しい沖縄滞在でした。

Aつし先生からの質問です。「沖縄ヤマトンチュ」って何?
正式な読み方は「ウチナーヤマトンチュ」ですね。沖縄が大好きな(大好きなだけではなく、沖縄の良い点悪い点を理解できている)本土の人という意味です。理解していない場合は「島(シマ)ナイチャー」と言います。ちなみに沖縄の人は「ウチナンチュ」。沖縄の事を「ウチナー」と言いますが、本土のことを「内地(ナイチ)」と言うのは廃藩置県以降(琉球処分も含め)に北海道・中国東北部(満州)・朝鮮半島と沖縄が「外地(ガイチ)」である名残と言われています。今でも北海道の人は「ナイチに出張します」と県外に出ることを表現する人もいるようです。

私は沖縄顔??に加えて名字が新垣(アラカキ)と間違えられるようで…
「あんたはウチナー人ねぇ?」とよく言われていました。
「いやヤマトォですよ」と答えるのがベスト。
「いやナイチャーです」はオススメできません。何故なら…。
沖縄では「~チュ」はリスペクトされる固有名称(シマンチュ・ウミンチュなど)ですが、「~er」はあまり好ましい名称(フラーなど)に使われないような気がしますし。

さて、沖縄ツアーは家族で初めてのこと。
行ってみたいところ・会ってみたい人が沢山あったのですが、ほとんど達成できず…。でもスズナ&ヨウスイは初めての沖縄を満喫できたようでした。
そこで少しずつ紹介します!!!
e0010219_17471599.jpg
e0010219_1748831.jpg

まずは沖縄の大衆食堂といえば平和通りの「花笠」ですね!安い速い多い旨いの4拍子に加えてアイスティーが飲み放題。スズナもその量にビックリです!!!これで600円。食べ切れませんでした。
次は…
e0010219_17512119.jpg
e0010219_1751487.jpg

沖縄に行くならステーキを食べるべし!しかも大衆食堂のようなステーキハウスが絶対にオススメです。今回は沖縄市泡瀬のビックボーです。スープ・サラダ・ライスorパン・ステーキ(ポテトとミックスベジタブルがた~っぷり)・ドリンク・ケーキがセットで2000円弱。ロブスター付きでも2000円強です。ソースはA1が人気ですが、私は何もかけずに肉汁を満喫します。泡瀬はオーシャンスイミングの練習帰りや大会帰りによく立ち寄っていました。他にも北谷の金松や那覇のジャッキーなど、ステーキ食堂は最高ですね!!!!うわ~また食べたイッス♪
[PR]
by keiho_swim | 2006-08-28 18:00 | family

那覇っ子は

e0010219_1221385.jpg
ジモティ御用達のビーチといえば波の上ビーチさぁね~。本日は沖縄やまとんちゅとして地元三昧です!

このあとは首里に行って、最後は平和通りの買い物をします。
やっぱり沖縄はいいっす♪
康(YASWiM)
[PR]
by keiho_swim | 2006-08-27 12:02

琉球大学水泳部 創部五十周年


久しぶりに沖縄に来ています。同期の仲間には残念ながら会うことができませんでしたが、平良先生・福山先輩をはじめ多くの卒業生と現役生が楽しい時間を過ごせました。

記録会やレセプションなどたくさんの企画を考えていただいた皆さんに感謝感謝感謝!

明日は福岡最終便までの時間を家族サービスとして有意義に使います!
e0010219_17243634.jpg
画像は死ぬ気で練習した琉球大学プール。懐かしかったなあ…。
康(YASWiM)
[PR]
by keiho_swim | 2006-08-26 23:35

学校見学会

今朝は大変でした。
夕べまたまた眠れずに(ブログも2時頃…)、4時頃床につきあまり眠れず7時半にボーッとしながら駐車場へ。「プスン」とエブリーワゴンのバッテリーが終わってました…。急遽実家へ走り軽トラックに乗り込み出勤しました。暑さのためか先日取り付けたツイーターの両面テープが粘着力を失ってプラプラ…。カーブのたびにダッシュボード上を転がるツイーターを押さえながら学校へ。やっつけ仕事ではダメですね。

本日は学校見学会が開かれました。
私は学校紹介ビデオとパワーポイントを担当しました。が、いつの間にか司会進行に。でもしっかりと水泳部の紹介もしてきました。(中学生スイマーは瓊浦にプールがあると思っているみたいで、「プールはどこにあるんですか?」と質問されました。プールがないのに部員がたくさんいるので皆さんビックリしてましたね~)

さて、本日から水泳部は伊良林小学校の後半指導に入りました。タマシマ先生を中心に炎天下のなか大変だと思いますが、頑張って欲しいと思います。練習も1時から4時まで行いますのでクタクタになると思います。ココが新人戦に向けた大事な時期ですから、体力を付けて下さいね!!!
e0010219_184184.jpg
夕方の綺麗なアカネ色の雲
[PR]
by keiho_swim | 2006-08-23 23:39 | high school

頼もしき卒業生

本日の「NATTY-KEIHO」はゲストにバレーボール部女子コーチのツキガワ君が登場!!!というか偶然スタジオにいたので無理矢理???出演してもらいました。(先々週もCNA&kakuコンビと出演してもらいました)
e0010219_158245.jpg
それにしても楽しい放送になりました。
やっぱり二人より三人、三人より四人でトークした方が盛り上がるのかもしれませんね。しかも卒業生で市民エフエムの「バレーボール通信」(毎週金曜日夕方7:30)のパーソナリティーですのでキャッチボールがしやすかったです。今度は私とmayu-tで「バレーボール通信」にゲスト出演しますね♪




さて本日のテーマは「やり残したこと…」
いっぱいありすぎて1時間では足りないくらいです。
ツキガワ君の「高校時代にもっと勉強しておけば良かった」の一言に集約されています。その時には気付かないことが多いんですよね。でも彼の素晴らしい点はそこから『勉強』をスタートできていることです。高校までの詰め込み教育には対応できていても、その後全く勉強しない人も多いはず。結果的には死ぬまで勉強した人には敵わないと思います。
いつまでも出身高校や出身大学を自慢して、偏差値に左右されている輩もいますが、偏見はコミュニケーションスキルが低い証。
明日は学校見学会があり、たくさんの中学3年生が本校を訪れます。
瓊浦高校の事をちょっとでも好きになって帰って欲しいですね!!!
[PR]
by keiho_swim | 2006-08-23 02:08 | natty-keiho

いよいよ公開!!

e0010219_21453928.jpg

あだち充さん原作のラフがいよいよ映画化され8月26日より上映されます。

今回の映画には日本水泳連盟も全面的に協力したそうです。以下東宝邦画作品ラインナップより引用です。
日本映画史上初の本格水泳映画
 本作では、リアルでダイナミックな《観たことのない競泳・高飛び込みシーン》を創造することに挑戦しました。はじめに、日本中のプールのデータを集め、高飛び込み台があり、尚且つ、撮影に関する諸条件をクリアできるプールを求めてロケハンを繰り返しました。その結果、栄泉高校水泳部のシーンは新潟市西海岸公園市営プール、亜美と圭介の飛び込みシーンは静岡県富士水泳場、クライマックスである日本選手権のシーンは茨城県・笠松運動公園プールと、日本各地のプールで場面イメージに合わせた撮影が行われました。日本選手権シーンの撮影では、美術・装飾スタッフの奮闘により、リアルな会場をつくり出したのに加えて、本物の大会スタッフや競泳選手がそのままの役で撮影に参加し、リアルな大会の雰囲気を再現しました。そのリアルさは、アテネ五輪女子競泳自由形金メダリストの柴田亜衣選手が撮影を見学した際、「本当に日本選手権が行われているようだ」と驚きの声を上げたほどでした。また客席スタンドには、のべ2,000人のエキストラが集まり、観客役として歓声をおくり大会シーンを盛り上げました。

日本水泳連盟の全面バックアップによる俳優たちの猛特訓
 日本水泳連盟の全面協力のもと、本作の撮影は行われました。クランクインの2ヶ月以上前より、速水もこみち、阿部力は、一流選手としての美しいフォームを身に付けるための集中トレーニングを、水泳連盟所属コーチの指導のもと開始しました。同時に、競泳選手のような筋肉をつけるための肉体改造トレーニングも行いました。そしてクランクイン。速水、阿部の美しくダイナミックな泳ぎは、水泳指導のコーチらも「間違いなく一流の競泳選手に見える」と上達ぶりに舌を巻くほど。前述の柴田亜衣選手が、撮影見学に訪れた際に、速水にアドバイスを行い、より洗練されたフォームを伝授しました。一方、長澤まさみ、市川由衣、石田卓也は、水泳連盟所属コーチのもと、高飛び込みのトレーニングに挑みました。常人ならば立っているのがやっとの高さにも関わらず、長澤、市川、石田は台の先端に立ち、臆することなく演技に集中しました。飛び込み台上での華麗なフォームもさる事ながら、5メートルの深さのプールに入水した後の美しい水中フォームにもトレーニングの成果が現れています。


日水連加盟団体にはすでに巨大なポスターが配布されています(^^;)
インハイ・全中が終わりJOとインカレが開幕する時期に合わせての公開ですので、競泳ファンの開拓に繋がると思います。
わたくし的にはラフよりバタ足金魚が好きなんですけど…。
[PR]
by keiho_swim | 2006-08-21 22:01 | swim

開かれた学校

帰崎しました。早速お仕事??
夕方から学校教育に関しての懇親会に参加しました。
「幼稚園小学校の時に学校へ足を運ぶ保護者は多いのに…。高校へ足を運びにくい理由は何だろうか」
そんな話題がでる現在の学校教育(私学教育)に関しての懇親会になりました。私は小学校・幼稚園の保護者としての立場でもありますが、どちらにも積極的に足を運ぶことはありません。もちろん時間的・日程的な問題が多いのですが、本当は子供がどのような生活をしているか、先生方がどの様な指導をしているのか大変興味があります。でも同業者??という事もあってか、相手方に迷惑がかかるかなあと勝手に心配し、足は遠のくばかりです。(スイミングクラブへも似たような事で子供の練習を見に行っていません)

さて話は戻りますが、開かれた学校とはどういう事なのでしょうか。「どうぞ見に来て下さい」とアプローチすることが解決方法の全てなのでしょうか。ある先生が「問題のない生徒の保護者は三者面談や学級懇談会に来てくれるけれど、本当に来て欲しい生徒の保護者は足が遠のいている」と発言していました。保護者にとって高校に行くことをマイナス(例えば生徒指導上のことで怒られることだったり、欠席や遅刻に関することだったり)が支配している学校では、いかなるアプローチをしても成功しないと思います。
それではどうすればいいのか。
アプローチを変える必要性があります。
「学校からそちらへ伺います」という逆転の発想が必要なのです。家庭訪問をすると言うことではなく、いつでも先生(学校)は来て欲しいという場所へ足を運びますので呼んで下さいという機動力が大切なんだと思うのです。それは地域のペーロン大会でもイイし、ボランティア活動でもイイと思っています。本校ではエイサー同好会の活動がこれに当たります。(水泳部の活動も似ていると思います)
これ以上は企業秘密(^_^;)

私学の生き残りは在校生や卒業生のためではなく、もちろん教職員のためでも経営者のためではなく、これから高校生になる子供達に対して進路選択の環境作りができるかが大切なんだと思います。伝統やネームバリューを否定するつもりはありませんが、活きのイイ学校づくりが私たちにとっての課題です。
『雨ニモ負ケズ』の精神で。
[PR]
by keiho_swim | 2006-08-20 23:13 | about




私は悩み多き水泳コーチ。実は多趣味に苦しむソクラテス。モットーは他力・我がはからいにあらず・青春の蹉跌(さてつ)
by keiho_swim
リンク
★警告★
当ブログの画像を公序良俗に反する行為に利用しないこと。現在、当該サイトに対し協力を求めております。次回同様の書き込みがあった場合は直ちに関係機関に通報致します。


☆瓊浦高校☆
瓊浦高校ブログ
(new!)瓊浦高等学校hp


☆水泳・コーチ☆

(財)日本水泳連盟


大分発!撫子(競泳日記)
TABA(競泳と競馬で勝負)
Water Tricks
競泳空想科学
水着焼けの跡
悠悠自的
SEIKOリザルト
スイムレコードどっとこむ
東洋電子リザルト


☆友人ほか☆
Wha yu a seh?Jammin
長崎市民エフエム放送
ASTROLABE
mishu art clock
arako blog
o-ken
備忘ログ
hidemicトレーニング
毎日長崎人
みっちー部屋
core of woomin ver.2
わかばの独り言
あすなろリーグ勝敗
ファイテン長崎中央 blog
ファイテンstaff blog





AdobeReaderダウンロード
※各PDFファイルはクリックするとAdobeReaderで開きますが、表示できない場合があります。保存する場合は右クリックして「ファイルに保存」として下さい。
競技役員新聞0号(pdf)
競技役員新聞1号(pdf)
競技役員新聞2号(pdf)
競技役員新聞3号(pdf)
競技役員新聞4号(pdf)
競技役員新聞5号(pdf)
競技役員新聞6号(pdf)
競技役員新聞7号(pdf)
競技役員新聞8号(pdf)
競技役員新聞9号(pdf)
競技役員新聞10号(pdf)


☆おねがい☆
運営会社および関係各位と相談し、コメントは承認制をとることになりました。ご理解の程よろしくお願い致します。


☆natty-keiho(録画)☆
毎週火曜日生放送中の『natty-keiho』をスティッカム(web-cam)でご覧頂けます。
長崎市民エフエムのホームページをよろしくお願いします。
その他のジャンル